日本の和食文化の一つ

レストラン

栄養が豊富に含まれる食材

日本では、春夏秋冬という四季があることが特徴的であり、それぞれの季節においてグルメや景色などが楽しむことが出来る国です。その日本では、世界からも和という食文化が認められており、無形世界遺産に登録されたことによりさらに注目を集めることとなりました。日本の特徴でもある四季は、大きく自然とかかわりを持っていることや独自の調理法などが和食としての食文化を作り上げてきました。また、島国である日本では、海や淡水の魚を食する文化もあり、うなぎについては季節を問わずに食されています。うなぎが多くの人に食されている理由としては、含まれている栄養価の高さに魅力があると考えます。うなぎは、健康に良いとされている多くの栄養が含まれており、滋養強壮を目的として古くから食されていました。現代では、栄養に関する研究がすすめられていて、美容や疲労回復など様々な効果効能があることがわかってきています。栄養素としてはたんぱく質やビタミンA及びB、カルシウムなどが代表として知られています。その他にもEPAやDHAなど不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。これらのうなぎに含まれる栄養が豊富なことが最大の魅力です。うなぎの名産地としては日本各地で名産品とされている場所が多く見られていますが、関東や東海地方においては静岡県の浜松市が有名です。この静岡県の浜松市では、浜名湖で養殖うなぎが主として行われています。養殖のうなぎは、この浜松市にある浜名湖で始められたとされていて、浜松が名産品として知られているのです。また、稚魚が豊富に取れたことも名産品となる要因であったとも言われています。この浜松市では多くの老舗うなぎ店があり、地元の人気グルメとされています。