上質な蒲焼を手軽に楽しむ

ウェイトレス

全国からお取り寄せ可能

うなぎの名産地と呼ばれる地域はいくつかありますが、中でも非常に高い知名度を誇っているのが、浜松です。浜松の西方にある湖の周辺でうなぎの養殖が始まったのは、20世紀初頭のことです。この地がうなぎの養殖場所として選ばれたのは、温暖な気候と清冽な地下水が、うなぎの成育に非常に適していたからだとされています。以来、浜松は養殖うなぎ発祥の地として知られるようになり、一時期は全国生産高の4分の3を占めるほどの一大地場産業となりました。現在もなお、浜松のうなぎはその品質を高く評価され、ブランド力を維持しています。浜松のうなぎを堪能するには現地の専門店に直接赴くのが何よりの手段ですが、最近では輸送技術の発達により、通販を利用することで全国どこでもその味を楽しむことができるようになっています。ほとんどの通販商品は真空パックになっているので、風味を損なわずに自宅で賞味することができます。価格は品質やサイズ、季節的要因などによって左右されますが、平均すると長蒲焼の普及品で1尾当たりおおよそ3,000〜4,000円、上等品で6,000〜7,000円といったところです。白焼きの場合だとそれぞれ2,500〜3,500円、4,000〜5,000円程度が相場となっています。なお、業者の中には品質こそ劣らないものの見た目に多少問題のある蒲焼を、小さくカットして販売しているところもあります。こうした製品は価格が割安となっているため、外見にこだわらずたっぷり味わいたいという愛好家を中心に評判を呼んでいます。